みなさん、こんにちは!
Giro Studio Tokyo 内田です。

桜🌸も、暖かい春風と共に一気に開花し見頃を迎えていますね。
春の日差しが心地良く暖かくなってくると、俄然人気の上昇するアイテム。
そう、まさに今の季節にちょうど良い、GIROニットアイテムのコレクションからオススメをご紹介します。
→「GIRO KNIT コレクション

そもそも、なぜニット!!? がこの時期にそんなにオススメなの?
そんな疑問もこれを読めば解消できると思います!

実はとても優れた機能を持つファッション素材「ニット素材」

みなさんもニット素材のもの(衣類やスニーカーなど)を普段よりファッションの一つとして身につけることも多いと思いますが、これをサイクリング時にも身につけたいと考えたことは?
GIROは、さまざまなスポーツやライフスタイルなどからもインスピレーションを得て、サイクリング製品へと落とし込んでいきます。

KNIT(ニット)素材とは、一本の糸で輪を作りながら編み込まれた生地。
特徴として、縦横に柔軟に伸縮しやすく、しかもその主原料や編み込み方により強度や耐久性、伸縮具合にも違いを出しやすい特性も持っています。
さらに、その編み込まれた繊維(GIROが主に採用する主原料は化学繊維)の特性として、特に耐久性、通気性と抗菌性にも長ける。

丁寧に編み込まれたニット素材は、その縫製方法によって保温力や通気性に変化を持たせたり、素材特性を活かすことで、運動強度の差異や急な気温の変化にも対応しやすい。
そして、朝晩の肌寒さや、日中の日差しなどによる体温の上昇に伴う暑さや蒸れなどといったコンディション変化にも対応しやすい。
春から夏、そして秋へと季節の移り変わり、季節の変わり目といった気温変化の激しさにも器用に適応しやすいという優れた素材です。

傷や汚れに強いニット素材:XNETIC KNIT(ゼネティック ニット)

GIROがサイクル製品にKNIT素材を採用するにあたり、独自の技術によってニットに補強を施した XNETIC KNIT を開発。
これは、縦横・丁寧に編み込まれたニット素材の、強度が必要な要所ごとに編み方を変えており、引っ張りや伸縮性、耐久性といったものを最適化して作られています。

・傷・摩耗・引っ張りに強い

さらに、TPU(熱可塑性ポリウレタン)による骨格とを溶着させ補強を施すことで、引っ張り強度や、擦れ、傷などの摩耗にも強く、長く使用を続けても劣化や、素材が伸びすぎ裂けたりすることも最低限に抑えることができています。

特に、汚れやすいシューズの足先・かかとには外側からのTPU補強も加えており耐久性がアップ!

・雨・汚れに強い

それと、ニット素材は汚れに弱いのでは?と、疑問に思うかもしれませんが、ご安心ください。

ニット素材の表面には、DWRコーティング(耐久性撥水加工)が施されており、軽度の汚れは簡単に落とすことができ、撥水性能も高いのですが、丸洗いしてもその性能は簡単には落ちません。
しかも、繰り返しの使用において加工性能が落ち、濡れてしまっても速乾性にも優れるため、シューズ内がいつまでもグズグズに濡れたまま、ということも避けられます。

別途、こちらの「ブログ記事」にも XNETIC KNITシューズ についてのお手入れ方法なども含め詳しく掲載していますのでご参考ください。

GIRO EMPIRE KNIT LTD シューズ

EMPIRE(エンパイア)といえば、今や、GIROシューズの代名詞と言えるほどの人気を誇るシューレーススタイルのサイクリングシューズ。
7つのシューレースホールからなるシューレースによって、足先から甲の上部までの足全体を徐々に締め上げていくことで様々な足の形状にも柔軟にフィット・対応しやすい特徴を持ったフィット感に特に優れたサイクルシューズ。

この EMPIREシューズを好みや趣向の多様化にあわせ、レースやトレーニングなどの本格的な使用だけでなく、よりさまざまな用途にも使いやすいように、デザイン・使用する素材も全て一新するために新たな素材「ニット」に着目したことから、GIRO EMPIRE KNIT シューズが誕生。

 EMPIRE KNIT LTD シューズ は、
特に湿度の高い日本の気候にもニット素材がマッチしていることからも、レースやトレーニング的用途だけでなく、より日常的に、そして初めてのビンディングシューズとしてロードバイク入門としても使いやすいようにアウトソールも最適仕様にした日本独自の限定モデル。

柔軟性のあるナイロンコンポジットソールにすることで、軽量なカーボン素材よりも多少重量は増えますが、適度な柔らかさにより脚への負担を軽減し、歩きにくいとされるロードシューズながらも、多少のしなりを活かした歩行にも優しいシューズ。(クリートは3ボルトのLOOKタイプと2ボルトのSPDタイプに対応)
ナイロンソールとすることでコストパフォーマンスにも貢献!
お財布にも優しい、嬉しい、日本限定仕様」の EMPIRE です。

こちらには、EMPIRE KNIT LTD シューズの実走インプレ記事も掲載していますのであわせてご一読ください。
→「ブログ記事

フィット感の違いで、足のボリュームがやや小さめの EMPIRE W KNIT LTD も別カラーでラインナップ。

こちらは、大きめサイズ(40〜42)も在庫していますので、足のボリュームの小さい女性のみならず、男性にもオススメ。

GIRO EMPIRE E70 KNIT シューズ

こちらの EMPIRE E70 KNIT シューズ は、見た目こそ上記の EMPIRE KNIT LTD と全く同じエンパイアニットシューズですが、着用しペダリングした時に驚くほどの違いが体感できます!

もちろん、購入前にそうした体験ができると良いのですが、なかなかそういうわけにもいきませんので、ここでその実走した感覚をできるだけ分かりやすくお伝えしますと、
その、一番の違いはアウトソールにあります。

軽量でダイレクト感の高い EASTONカーボンコンポジットソール

EASTON EC70カーボンソールは、GIROとEASTONの共同開発によるもの。
薄く軽量、そして堅牢
EC70カーボンコンポジットソールは、カーボン繊維と樹脂をバランス良く配合し作られたもので、本格レース向けのEC90カーボン(IMPERIALやEMPIRE SLXなどに採用)とは異なり、適度なシナリや振動吸収力を活かし疲れにくいミドルグレード。
EC90と同様のソールの薄さは、柔らかくやや厚みのあるナイロンコンポジットソールと比較して、ペダルとの接点が非常に近くなり、特にダイレクト感が高い

これは、ペダリングの際に踏み込んだ力(脚力)を、ほぼ余すことなくペダルへ伝え進む推進力に大きく差が出てきます。
例えば、坂道での登坂力や、平坦においてもスピードを上げていくときの踏み込む力など、できるだけ楽に進んだ方が脚への負担も少なくすみますし、無駄なストレスもなく疲れにくい、疲労軽減ということにもつながってきますね。

メンズ・ウィメンズ、共にお得に展開中!

さらに現在、お得なセールプライスでご提供中!(EMPIRE KNIT LTDモデルにも迫るコストパフォーマンス!)
展開しているサイズにも限りがありますのでお早めに。

GIRO XNETIC グローブ

これまでご紹介した、GIROが独自開発したニット素材:XNETIC KNIT(ゼネティック ニット)を、グローブへも採用。

ロードやMTB、さらにはグラベル、バイクパッキングなど、自由に広がる楽しみ方の多用途化にもあわせ、GIROは、サイクリングやライドをできるだけ長く、そして快適に、楽しみ尽くすためのものづくりに、さらなる熱意を注いでいます。
自転車を楽しむ際の「快適性」は特に、常に自転車と身体とを結びつけている部分である、手・足へのストレスをできるだけ軽減し、どれだけ自然に気楽に楽しむことに集中できる環境をつくれるか、ということも大切だと考えています。

XNETIC ROAD グローブ

KNITシューズからの応用により、より柔らかく自然な肌触りにこだわり、丁寧に編み込まれたニットの素材感を最大限活かしたグローブとなっています。

縫い目を極力無くした編み込みニットのワンピース構造。
手のひらには振動や衝撃を和らげるGELパッドを備えた丈夫なマイクロファイバー素材とし、ハンドルバーとの摩擦による耐久性も強化。擦れや傷にも強くできています。

真夏などの暑い時期には、ショートフィンガー(指切りタイプ)の、XNETIC ROAD を。
そして、MTBやダート・グラベルなどの転倒リスクの高い用途には、指先までをしっかりと保護できるフルフィンガータイプの、XNETIC TRAIL を選択。

XNETIC TRAIL グローブ

こちらはもちろん、真夏の使用も考慮しており指先にはメッシュを採用しているので涼しく蒸れにくい仕様。ニット素材は、その素材特有の適度な保温性と通気性を備えているので、夏を中心とした3シーズンで快適に使用できます。

この春、XNETIC ROAD、TRAIL、どちらにも上画像のとおり新色が登場しており在庫も揃えていますので、まさに快適に使用できる今、在庫がなくなる前に要チェックです!

ここまでご紹介してきたGIROのニットアイテムは全て、こちらのオンラインストア内のKNITコレクション一覧よりご覧いただけます。→「GIRO KNIT コレクション

春のサイクリング🌸ライドを、GIROニットアイテムを身につけて快適に楽しもう!

GIRO  Love the Ride!

#GIRO #LovetheRide #GirointheWild 

#GiroXnetic #KnitforCycling 

#GiroEmpireKnitLtd #GiroEmpireKnit #GiroEmpire

#GiroStudioTokyo