みなさん、こんにちは!
Giro Studio Tokyo 内田です。

今回は、
世界に先駆け日本で初登場した EMPIRE の新商品「EMPIRE KNIT LTD」をご紹介。

そう、この商品一見すると、これまでにもあるKNIT コレクションの EMPIRE E70 KNIT シューズと同じに見えますが、実は、世界に先駆け入荷した、全く新しい新製品

これまでにあった、EMPIRE KNIT シューズは、EASTONの軽量なEC70カーボンソールを採用したモデルでしたが、今回デビューの「EMPIRE KNIT LTD」は、アッパーはこれまでの XNETIC KNIT を採用しつつ、ソールには、しなやかなナイロン製アウトソールを新たに採用した限定モデルになっています。

なぜ、ナイロン製ソール?

ナイロンソールになったことで、どう違うのか、なぜ今回の日本限定新登場になったのか、
しかも、今回採用されたナイロンソールは、これまでのエントリーグレードのGIROシューズに採用されていたナイロンソールとは異なる、全く新しいナイロン製アウトソール

今回は、そういった疑問の解消と共に、この全く新しいソールを試すべく、早速実走!
インプレッションを行い、実際の使用感はどうなのか、確認してみました。
ファーストインプレッション、じっくりと写真とともにご覧ください。

EMPIRE KNITの履き心地(着用感・フィット感)

まず履いた瞬間に感じるのが、「おっ!!? 心地良い!」という印象。
なにが? というと、
例えば、これまでの EMPIRE ACC や、EMPIRE E70 KNIT での、全体が細身でギュッと締まった印象から、 特に足先から甲部分にかけて、ゆったりとしたフィット感になりました。
これは、新しくなった EMPIRE(2020) とも同じ感覚です。

下の写真(新・旧での比較)をよくご覧いただくとおわかりいただけると思うのですが、
・右が新しい EMPIRE KNIT LTD(Black/Charcoal Heather)
・左が従来の EMPIRE E70 KNIT(Multi-Colored Heather)

右の方が、先端はやや丸みを帯び、足幅と甲の部分にややふっくらとゆとりを持った形状になっていることがわかります。
HV(ハイボリューム)モデルほどではありませんが、それに迫るくらい、わずかにボリュームアップしています。
これによって、足が自然とリラックスできるフィット感になりました。
(このフィット感は、IMPERIAL、EMPIRE SLX 2020、EMPIRE 2020、EMPIRE VR90 2020 など、新しくなったモデル全てに共通しています。)
KNIT素材による柔軟性が、より柔らかく足を包んでいる感じにもなります。 
そう、エンパイアニットならではの快適性。これぞまさしくソックス感覚!

新しくなったGIROオリジナルの ナイロン製アウトソール

アウトソールがナイロン製になり、これまでのEMPIRE E70 KNITでは、EC70カーボンによって、ソール自体がとても薄く、ペダルとの距離(足裏感覚)が非常に近かったですが、
(特に私の場合はスピードプレイを使用しているのでそれは顕著に感じます。)

ナイロン製になったことで、初見ではずいぶん厚みが増したなぁ、という印象でした。
*ちなみに、GIROが採用しているEASTONのEC70、EC90 SLX2カーボンソールは、他社と比較してもかなり薄い方(6.5mm)です。

 ただ、実際履いて体重をのせるとわかるのですが、ソールがしなりやすく足に追従してとても歩きやすいことがわかります。 さらには、ソールの前後(つま先、かかと)は、ラバーコーティング & ラバーヒール によってしっかり強化されており、グリップも良し。 タイルの様な床でもかなり滑りにくいです。

早速、EMPIRE KNIT LTD で実走!

本来であれば、郊外へのロングライドなどでもじっくりとテストしたいところですが、それはまたのお楽しみに。

今回は、私の行動範囲(都心での自転車通勤など)、都内の適度なアップダウンを含む、片道15km程度のインプレです。 
クリートの着脱、そして、初動での踏み込み、ペダリング、と、一連の動きをチェックしていきましたが、
まずここで、今回新しく採用されたナイロンアウトソールの必要充分な剛性が備わっていることを実感できました。

これは、私の脚力(極めて一般的なサイクリスト😊)での、上り坂での踏み込み、平坦巡航でのペダリング、と、どちらも申し分のないレスポンスの良さ。という感じです。

ナイロンソールになったことによる厚みも、実際走ってみると、初めに思ったほど気にならず、
むしろそれよりも、力負けしない ”頼りがい” すら感じられました。
というのも、 歩くときには感じられた柔らかさがペダリング中にはほぼ無く、力を逃すような感覚がなく、自然なペダリングができていたことが、疲れにくさにつながっているようにも思います。

EMPIRE KNIT LTD  総評(まとめ)

EMPIRE KNIT が、ナイロンソールを採用!
「これって、必要なのかしら? 🤔 」
まず、これが自分の正直な感想でした。
が、よくよく考えてみると、こんなに根本的に快適なロードシューズは、実は今までなかったんですよね。

シューレーススタイルロードシューズは、足にとても優しく快適で、見た目にもすっきりカジュアル・クラシックスタイル、かつスマート!
なので、 特に私のように都心部を中心に気軽なシティサイクリングしている方や、自転車通勤している方には、毎日でも履きたい、使いたいと思えるシューズで、あらゆる用途に使って欲しい、お勧めしたいタイプのシューズ。

ですが、
実際のところ、これまでのGIROのロードシューズラインナップのシューレースモデル:EMPIREシリーズは、
上位モデル(カーボンソール)のみしかなかったんです。
カーボンソールでは、少し脚力が追いつかない、用途的に持て余す... と感じられる方も多かったのではないかと思います。

そこで今回、
EMPIRE KNIT LTD がナイロンソールを採用したことで、コスパも良く、普段からガシガシ気軽に履けるシューレーススタイルのロードバイクシューズとして、かなりお勧めしやすくなりました!

もちろん、歩きやすさも考えると、SPDに対応したシューズ REPUBLIC R KNIT などもありますが、ペダル仕様が異なるので、自転車2台体制ならば良いですが、1台でシューズを用途により使い分けるとなると、ペダルの付け替えなどは初めてとなると大変ですしね。

まさに、これからロードバイクを始めてみようという方や、ロードバイクでロングライドや、トレーニングとしてもしっかり走り込みたい方へ。
ロードシューズ・ペダルをメインと考える場合には、カーボンソールよりも柔軟性がありしなやかで、脚への負担が少なく疲れにくいというメリットもあります。
レースパフォーマンスまでは達しないまでも、負荷をそこまでかけずに、日常的なサイクリングやファンライドには、充分に楽しめますね。

こんなスタイリッシュなシューズなら、毎日履きたい、これまでにないほどに歩きやすいロードシューズとして、大変オススメです!😎

GIRO  Love the Ride!

#GIRO #LovetheRide #GirointheWild 

#KnitforCycling 

#GiroEmpireKnitLtd #GiroEmpireKnit #GiroEmpire

#GiroStudioTokyo