みなさん、こんにちは!
Giro Studio Tokyo 内田です。

サイクリングにおける安全性を考えるとき、身につけるヘルメットの機能や快適性はもちろんですが、他者からの視認性はとても重要な点の一つ。

その視認性に大きく役立つ注目のアイテムが、GIROより新たにリリースされました!

GIRO ROC LOC 5 LED(ヘルメット用リアライト) 

AETHER SPHERICAL、HELIOS SPHERICAL や、AGILIS、RADIXといった、GIROの最新フィットシステム:ROC LOC 5 を採用したロード・MTBヘルメットに簡単に着脱が可能な、GIROヘルメット専用のLEDリアライトです。

GIRO ROC LOC 5 LED(ヘルメット用リアライト)

このライトを実際に使い、その使用感や、購入・使用時の注意点などをまとめてみました。

・高い位置からの視認性、明るさ:最大30ルーメン・10時間のランタイム

通常の自転車用リアライトは、サドル下や、フレームのリアステーなど、かなり低い位置での固定となりますが、
この ROC LOC 5 LED ヘルメット用リアライトの場合、ライダーの後頭部という高い位置に固定されるので、後ろから迫る他者、特に車などのドライバーからの視認性も良く、安全性も高まります。
特に、日中でも暗く狭いトンネル内などでも、LEDライトによって遠くからの視認性も高まり、非常に有効です。

自転車用リアLEDライトの性能として、必要十分な後方からの視認性と言える光量(20〜30ルーメン)を、点灯 / 点滅 の2モードからライト中央のボタンひとつで選択できます。

・点灯:20ルーメン(約1.5時間)
・点滅:30ルーメン(約10時間)

点滅(フラッシュ)モードでは、30ルーメンというかなり強めの光量で、約10時間という長いランタイムですので、長時間のライドや、ナイトライド、自転車通勤といった用途にも安心して臨めます。

・バッテリーはUSB充電式

バッテリーは、付属のマイクロUSBケーブルでの充電式。
約2時間でフル充電が可能です。
(充電時にはレッドライト点滅→グリーンライト点滅→消灯で充電完了)

バッテリーの残量もボタン下の小さいライトで確認できます。
ライト中央のボタンで、点灯 / 点滅 / 消灯 の切り替え操作をした際に、グリーンまたはレッドの小さいライトがつき、バッテリー残量の目安が確認できます。
(グリーン:OK、レッド:残量20%以下)

・取り付け・取り外しのコツと注意点

このライトは、ROC LOC 5 フィットシステム(ダイアル部分)に直接、着脱するシンプルな構造ですが、このダイアル部分は、比較的繊細な構造となっているため、ライトの着脱時などに強い負荷をかけることで破損の原因ともなってしまいます。

大切な頭部を守るヘルメットを破損してしまわないように、取り付け・取り外す際のコツを写真とともにご紹介しておきます。

固定・取り付けの構造はシンプルに、フィットシステムのダイアル部分の両サイドと、ライト本体の両端突起部分をワンタッチで固定するのみ。
ダイアル操作を妨げることもありません。

1)フィットシステムダイアル部分に、ライト本体の両サイドが「パチっ」と固定された状態。
2〜3)取り外す際は、フィットシステム本体の端部分を手(親指)で押さえながら、
ライトを持ち上げるようにして、力を加え取り外します。
*この外す動作の際に、フィットシステム本体の端部分を抑えていないと、ライトの固定力に負けて、フィットシステムが破損してしまう恐れがあります。
4)フィットシステム端を親指で押さえたまま、ライトが外れた状態。

ライトの着脱を繰り返す場合には、このコツを踏まえ行うようにしていただくことで、不意な破損も免れますので、ぜひご留意ください。😉

ご購入時の注意点

GIRO ROC LOC 5 LED(ヘルメット用リアライト) は、GIROヘルメットのフィットシステム:ROC LOC 5 専用のLEDリアライトですが、現状全ての ROC LOC 5 フィットシステムに取り付けできるわけではありません。
下記写真をご参考に、ご自身のヘルメットのフィットシステムがどちらのタイプか、取付けの可否をご確認ください。

上写真、左の小さいGIROロゴが刻印されたダイアルのフィットシステムに取付けが可能ですが、
右の大きい”G”ロゴがついたダイアルのフィットシステムには取付け不可能となります。

対応ヘルメット :
最新の ROC LOC 5 フィットシステム採用モデル。
AETHER、HELIOS、AGILIS、RADIXなど(アジアンフィット、グローバルフィット問わず)

<ご購入前にご確認ください>
*AETHER SPHERICAL AFの最新カラー(Matte Portaro Grey/White/Red、Matte Black Fade/Highlight Yellow)は装着可能。
これまでのSYNTHE、SYNTAXを含めた、従来までのフィットシステム(大きい ”G” ロゴがダイアル中央についているもの)には対応しません。(上画像参照)

夜間でも安心・安全なライドを!

最近では、公共交通機関の人混みを避ける意味でも、自転車による移動や、自転車通勤を始める方も多いと思いますが、そんな時にもヘルメットの着用はもちろん、こうした視認性の高いライトの装着や、反射(リフレクト)素材のついたウェアやアクセサリーを身につけるなど、視認性を高める工夫で、より安心・安全にサイクリングを楽しみましょう。